内容の確認

鍵17

鍵のトラブルは起こり得ることです。家の鍵を無くした、あるいは違う鍵に変更したい、調子が悪い、車の鍵を付けたままロックしてしまった、別の場所に鍵を取り付けたい、バイクの鍵を無くした等こういうトラブルは時間を先延ばしできないもので迅速性を要します。 こういうときに鍵の110番は頼りになります。日本全国に対応し、365日24時間年中無休で迅速対応してくれます。 鍵の110番では鍵の開錠は6300円から、その交換は8400円から、鍵の取り付けは1万5百円から、修理の場合には4200円から、製作を要する場合は6300円からとなっています。鍵の110番では概算見積も出せますが、車の場合には車種や年式、金庫の場合には寸法やメーカー名が必要な場合があります。開かずの金庫などの場合は現場見積が必要な場合があります。

これまでの鍵の歴史としては、紀元前2千年ぐらいにはエジプトにおいて木製の鍵があったことが知られています。 原理としては現在のシリンダー錠に相当するものです。 鍵自体が大きいものであったために持ち運びは出来ないものだったようです。 その後この技術はギリシアやローマへ伝わって、さらには唐を経てその後日本へも入って来たとされています。 鍵は宗教的な役割を果たして来ました。現世と来世は門や扉を通じてそこへ行けるとされそれを管理する役割を持っていたとされ、聖書においても天国への鍵のことが記されています。 現在においては防犯対策の施された鍵が多く使われるようになり、多種多様なものが製作されるようになって来ました。複雑化するに従ってこれを個人では解決できないようになり、トラブルを解決する鍵の110番のような専門の業者が出来て来ました。